ショーボンド建設株式会社ショーボンド建設株式会社
補修工学研究所トップページ
補修工学研究所TOPへ



移動載荷試験機

 

供用中の橋梁のように、移動活荷重が作用する床版の疲労耐久性や補修補強効果の確認をする施設です。
ここには、わが国では極めて数の少ない移動載荷試験機が設置されています。
この試験機の下には、幅3.7m、深さ1mのピットが設置されており、けたの上に床版を載せた供試体の載荷試験が行えます。


  ●駆動部の性能
 負荷荷重 : 走行時最大250kN
 定速走行速度 : 0.4〜5.5km/hr
 走行区間 : 12.5m

●車輪
 航空機用ゴムタイヤ
 産業車両用タイヤ
 

動画でご覧いただけます。