農業用水路再生工法 AGモルタルライニング工法 ARIC 258

  1. ホーム
  2. 工法
  3. AGモルタルライニング工法

特長・概要

AGモルタルライニング工法とは

AGモルタルライニング工法は、農業用水路の摩耗や浸食を受けた躯体表面に高耐久性を有するポリマーセメントモルタルを塗布し、平滑性(粗度係数)、水密性などの機能の回復・向上を図る工法です。

※本工法は (独)農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所との共同開発工法です。

主な特長・概要

AGモルタルライニング工法は以下の特長を有しています。

1農業用コンクリート水路に生じる様々な摩耗・断面欠損に適用でき、粗度係数の改善が図れます。

モルタル骨材粒度分布を調整・改良して、薄付けを可能としました。

2AGプライマーを使用することにより、湿潤面施工に対応できるとともに、脆弱化した既設水路躯体との一体化を長期に確保できます。
また、水環境に長期間さらされても接着強さは定価しません。

3AGモルタルは、適量の水と混練するだけで使用でき,特殊な技能は不要です。

4耐摩耗性に優れ、高耐久性を発揮します。

5CFRPグリッド筋の併用により、断面の補強ができます。

概要

CFRPグリッド筋による補強例

  • CFRPグリッド筋(AGグリッド)を併用することにより、水路トンネルなどの補強を行うことができます。
  • 表面粗度が大幅に改善されるため、補強前の通水量も確保することができます。



使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
AGプライマー 2液無溶剤型エポキシ樹脂系プライマー

118.0 KB

58.5 KB

268.8 KB

-
AGモルタル 繊維混入ポリマーセメントモルタル(プレミックスタイプ)

247.8 KB

78.1 KB

343.7 KB

-