HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 調査・診断・施工管理技術 >> ひび割れ・はく離・空洞 HOME
印刷用ページ
コンクリート構造物は、初期欠陥、劣化、損傷などにより、ひび割れやはく離、空洞などを生じることがあります。これらは構造物の性能上の問題となったり、耐久性上の問題となったりする場合があります。また、劣化や損傷によって引き起こされた場合、これらを調べることで劣化、損傷の原因や進行程度を把握することにつながります。
一部は目視点検と重なる調査項目ですが、目視点検と同様、最も基礎的で重要な調査の一つです。以下にショーボンド建設が行っているひび割れ・はく離・空洞調査の一例を示します。


ひび割れ・はく離・空洞ひび割れはコンクリート表面に現れる変状のうち、最も一般的なものです。ひび割れの幅を測定することで、劣化や損傷の程度、場合によっては劣化原因を推定します。また、ひび割れ幅は、日本コンクリート工学協会の「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」にも示されるように、構造物の耐久性を判断する指標ともなります。
ひび割れ幅を測定する場合、写真に示すようなクラックスケールを用いるのが最も簡易かつ一般的な方法です。


打音検査は、コンクリートの浮き、はく離、表面近傍の空洞などを調べるために用いられる方法です。具体的には、点検ハンマーでコンクリート表面を叩く、もしくは擦る際に生じる音を聞き分け、前述の変状を調べます。ある程度の経験を要する方法ですが、調査方法が簡易であるため、目視点検の際に補助的に用いられることが多い手法です。



ひび割れの深さを調べる場合、弾性波調査法の中で、特に超音波法と呼ばれるものを採用します。発振子から超音波を発し、それを受振子が感知するまでの時間を計測するものですが、ひび割れがある場合、超音波がひび割れを迂回して進むために、健全部と比べて受振までに時間がかかります。この時間差からひび割れ深さを推定する方法です。ひび割れを跨ぐように発振子と受振子を設置して計測します。非破壊で簡易に計測できますが、鉄筋がひび割れ深さより浅い位置にある場合、超音波が鉄筋内を移動することで正確な診断ができないことがあるため、注意が必要です。



電磁波レーダー法は、コンクリート中の鉄筋や埋設物などを探知する方法です。この方法は、コンクリート中に送信された電磁波が、性状の異なる物質の界面で反射されることを利用したもので、反射された電磁波を受信することで鉄筋や空洞を探知し、さらに受信までに要した時間からこれらの位置を推定できます。
この手法は、非破壊である程度鉄筋位置を推定できることから、例えば鉄筋ピッチを調べたり、または、はつり調査やコア採取など、事前に鉄筋位置を把握することが必要な調査を行う前調査として頻繁に行われます。



トンネルや護岸などでは、背面に空洞が発生する可能性があり、空洞の発生が構造物に対して重大な欠陥となる場合があります。そのような場合、空洞内を観察し、空洞の大きさや内部状況を把握することが重要となってきます。空洞内を直接観察する方法として、ボアホールカメラを用いる方法があります。
ショーボンド建設で開発したボアホールカメラは、暗所でも十分な視界が得られるように赤外線カメラを用いたビデオカメラで、画像を連続的に記録できるようになっています。
ボアホールカメラを使用する際、構造物にコア削孔を行ってカメラの挿入孔とします。この孔は、その後注入などで対策を行う際の注入孔となるため、非破壊に近い部分的破壊調査とすることができます。

  空洞内部の様子

空洞充てんの際に活躍する、ショーボンド建設独自の手法です。くわしくはここをクリックしてください。

※その他、調査計画立案から調査、診断まで、お気軽にお問い合わせください。

▲TOP