HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> ビックス工法 HOME
印刷用ページ


ビックス工法は、コンクリート構造物のひび割れ補修工法の1つで、ゴムチューブを使用した特殊注入器具によって低圧で時間をかけて、ひび割れの奥深くまで接着剤を注入する工法です。
注入作業のほとんどをゴムチューブが受け持つ、省力化されたひび割れ補修工法です 。
取付状況



ビックス工法は以下の特長を有しています。

【1】 ひび割れの隅々まで、確実に注入。
コンクリート構造物のひび割れ注入は、低圧・低速・長時間が最良の条件とされています。ビックス工法では、注入材で膨らんだゴムチューブの圧力により、この条件をすべて満たし、ひび割れ深奥部や鉄筋の付着切れによる空隙にも完璧に注入できます。これまでの検証では、ひび割れ表面で約0.2mm、ひび割れ内部では0.02mmまで注入が可能です。

【2】 作業時間が大幅に短縮。

インジェクター(特殊注入器具)を膨らませるだけの短時間作業で、特殊な技術を必要としません。

【3】 圧力管理、硬化確認が容易。

ゴム収縮による均一な圧力が注入を続けます。また、ゴムチューブに残った注入材を点検することで硬化確認ができますので、施工管理が容易です。
ひび割れ幅

工程



施工は以下の手順を基本とします。



表面処理
ひび割れに沿って5cm程度の幅で、ディスクサンダーやワイヤブラシなどでレイタンスや塵埃を除去します。油脂分はシンナーを含んだウエスでふきとります。

取付けパイプの接着
取付けパイプをひび割れの中心位置にBLシールで取付けます。座金部の4つの穴よりBLシールが出てくるまで押しつけます。

シーリングと硬化養生
BLシールでひび割れ部をシールします。その後、BLシールの硬化養生を行います。

BLインジェクターの取付け
取付けパイプにBLインジェクターの接続パイプをはめ込みます。

注入
所定の配合比で混合撹拌したBLグラウトをBLインジェクターの注入口から圧入します。BLインジェクターのゴムチューブが、注入量制限筒の内面いっぱいに膨らんだら注入を止め、次の注入口に移ります。

注入材の養生
BLグラウトの硬化養生を行います。硬化は、ゴムチューブに触れるだけで確認できます。
仕上げ
取付けパイプを取り除いた後、シール部をディスクサンダーで平坦に仕上げます。必要のある場合は、塗装します。
取付けパイプの接着とシーリング
▲取付けパイプの接着と
  シーリング

注入
▲注入
注入
▲注入
養生
▲養生
仕上げ
▲仕上げ



ビックス工法は、公的機関での共同研究でも優れた補修効果、注入効果が確認されています。また、注入圧力に関しては、図のような試験結果が得られています。
試験結果




ビックス工法で使用する器具、材料を示します。なお、補修するひび割れの種類によって、注入器具や材料が変わります。お気軽にお問い合わせください。

使用材料





ビックス工法は、国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています(QS-990009-V)。
ビックス工法に関するお問い合わせは、各営業所までお願いいたします。

▲TOP