VEライニング工法

  1. ホーム
  2. 工法
  3. VEライニング工法

特長・概要

VEライニング工法とは

「VEライニング工法」とは、2軸ビニロン繊維を用いたコンクリート片はく落防止対策工法です。
ビニロン繊維の固定には、パテ兼用の含浸接着剤を用いる為、最短3日で施工することが可能です。
NEXCOの構造物施工管理要領「はく落防止性能の照査基準」に適合した工法です。

施工断面・シート構成

主な特長

VEライニング工法は、以下の特長を有しています。

1コンクリート片のはく落防止対策工法です。

優れたはく落防止性能を有し、現場施工日数が短縮できます。

2優れた施工性

ビニロン繊維との含浸接着性に優れ、適度な揺変性を有している為、作業性に優れます。

3工期短縮が可能です。

パテ兼用の含浸接着剤を用いている為、最短3日での施工が可能です。

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
VE 2液型エポキシ樹脂系含侵接着剤

215.1 KB

-

7.6 MB

-
VEプライマ- 2液無溶剤型エポキシ樹脂系プライマー

176.3 KB

56.1 KB

697.1 KB

-