はく落防止対策後に劣化進行を目視観察できる補修工法 クリアクロスR工法

  1. ホーム
  2. 工法
  3. クリアクロスR工法

特長・概要

クリアクロスR工法とは

接着剤の含浸により、透明になる特殊ビニロンクロス(クリアクロス)を、透明の接着剤でコンクリートに貼り付ける透明はく落防止工法です。

主な特長

クリアクロスR工法は以下の特徴を有しています。

1はく落防止性能

クリアクロスR工法は、優れたはく落防止性能を有しています。

2下地視認性

施工後は透明になるため、コンクリートの素地状況を目視確認できます。

3変状の可視化

浮きやひび割れなどの変状が発生すると、白く変色するため、変状個所を可視化できます。

4省工程

高耐候性の接着剤を用いることで、上塗りの工程を省力しました。

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
クリアクロス ビニロン繊維シート -

880.1 KB

-

1.7 MB

クイックプライマー 1成分型ウレタン樹脂系プライマー

161.9 KB

72.1 KB

473.8 KB

-
クリアクロスRパテ 2液無溶剤型ポリウレア樹脂系パテ材

175.9 KB

64.0 KB

382.9 KB

-
ニュークリアクロスレジン(S) 2液無溶剤型ポリウレア樹脂系繊維シート含浸材・仕上げ材

194.4 KB

136.9 KB

665.8 KB

-
ニュークリアクロスレジン(W) 2液無溶剤型ポリウレア樹脂系繊維シート含浸材・仕上げ材

194.4 KB

136.9 KB

666.9 KB

-