制度紹介

制度紹介

社員の能力を効果的に掘り起こす、充実した研修制度

新入社員研修、階層別研修、職種別研修など、ショーボンド建設は「仕事に真正面から取り組む社員一人ひとりを大切に育てたい」そんな風土が根付いている会社です。
まず、入社式の直後から始まる新入社員導入研修では、社会人としての基礎を約2週間の合宿研修で身に付けます。
その後、より実務的なことを基礎から身に付けるための実務教育研修。そして、実際に先輩社員と工事現場に出て、仕事のオペレーションと基礎知識を学ぶ現場研修が1年間続きます。
そして、入社後1年経過したあとに行うフォローアップ研修があります。更に入社から3年間は年に一度、新入社員を人事スタッフが訪問面談し、今抱えている問題点や仕事の悩みなどの解消を行い、安心して職場に溶け込んでいけるようフォローしています。

会社の支援で名実ともにドクターへ

多くの人に馴染みがないかもしれませんが、お医者さんだけでなく、博士号を取得した人のこともドクターと言います。ドクターと言われるだけあり、博士号の取得は非常に難関です。
当社では、この博士号の取得支援として『大学院進学制度』を設けています。現在、2名の社員に対し、学費の負担や通学のための業務調整等、博士号取得に向けて会社が全面的にバックアップしています。
今後も名実ともにドクターである社員を増やし、会社全体のレベルアップを目指します。

研修体系

ショーボンド建設の働き方を知る3つの数字

  • 新人が現場での
    OJT研修に
    出るまでの期間 3ヶ月
  • 2014~2016年入社で、
    退職してしまった
    社員の数 4/62
  • 2014~2016年の
    平均賞与支給額 7.0ヶ月分

先輩達が入社を決めた理由

将来の安定性と事業内容に魅力を感じた
メンテナンス業界の最大手だから
社会貢献度の高さ、独自の技術や工法があること、社員の人柄
これから“補修”は必要不可欠だと感じた。地元でも仕事ができそう
コンクリート構造物のスペシャリストになれると思った
面接や選考を通じて触れた、社員の人柄
補修補強分野のパイオニアであること
若いうちから活躍できるので、早く成長できると思った
自分の研究内容と事業がリンクしているから
安定した財務体質

福利厚生について

休日休暇

完全週休2日制(土・日)、祝祭日、創立記念日(6/4)、年末年始8日、年次有給休暇(10~20日)、リフレッシュ休暇ほか
年間休日124日(2016年実績)

制度

資格取得支援制度、大学院進学制度、社内貸付金、共済会、財形貯蓄制度、社員持株会、退職金制度、各種表彰制度ほか

エントリーはこちらから

  • マイナビ2018