あと施工アンカー定着用エポキシ樹脂系接着剤(湿潤面対応型) アンカーロック NETIS CB-110015-VE

  1. ホーム
  2. 工法
  3. アンカーロック

特長・概要

アンカーロックとは

あと施工アンカー定着用のエポキシ樹脂系接着剤です。

特長

1ダレないため、横向きのアンカー定着に対しても、シール作業が不要です。

2ボアホール内が湿潤していても、強力に接着します。

使用方法

  1. アンカーロックは、主剤と硬化剤に分かれており、使用時に混ぜ合わせます。電動撹拌機を用いて色ムラがなくなるまで、十分に混ぜ合わせてください。
  2. 混合すると徐々に硬化を始めます。可使時間内に使用してください。(詳細は、製品説明書をご覧ください。)

施工法

1清掃・表面処理

施工前にボアホール内のほこりを除去してください。また、滞水・浮き水がある場合は、ウエス等で拭き取ってください。

2注入

樹脂はグリスガンなどを使って、ボアホールの奥から手前に注入・充てんしてください。

3アンカーボルト挿入

アンカーボルトを所定の深さまで押し込みます。はみ出した樹脂は、ヘラなどで取り除いてください。

4養生

硬化するまで養生してください。養生中は特にアンカーボルトが動かないように注意してください。

養生温度
(℃)
5℃以上20℃未満
〔冬用(W)使用時〕
20℃以上
〔夏用(S)使用時〕
養生時間 48時間以上 24時間以上
強度発現の目安 7日間以上 5日間以上

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
アンカーロック 2液型エポキシ樹脂系接着剤(湿潤面対応型・揺変性)

225.0 KB

59.3 KB

1.3 MB

-