HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> STジョイント HOME


STジョイント 「STジョイント」は、従来のフィンガージョイントに相当する強度を持たせて、さらに、本体の軽量化、施工時の簡素化およびコスト縮減を図った鋼製櫛型の伸縮装置です。
NEXCO構造物施工管理要領(H23.7)に準拠したSTジョイント_exシリーズもご用意しています。



重交通路線において、施工後30年超供用され続け、高い耐久性が実証されました。
国道1号に架かる橋梁 【24時間交通量:約41,000台】 (平成22年度道路交通センサスより)
昭和58年(1983)施工 平成25年(2013)時点、30年超経過。

環状7号(東京)に架かる橋梁 【24時間交通量:約60,000台】(平成22年度道路交通センサスより)
 
平成25年(2013)現在/平成4年(1992)施工後、21年経過。

■疲労載荷試験結果
STジョイントは設計荷重200kN(100kN+衝撃荷重)にて200万回の静的疲労試験をクリアしています。
国道1号線の日交通量約41,000台、大型車交通量約4,500台の通行量の場合、鋼道路橋の疲労設計指針(H14日本道路協会)より試算すると、約40年の設計供用期間となります。

Y = nti/(ADTTsLi×n×365)
  Y 設計で考慮する期間(年)
  nti 疲労設計荷重の載荷回数
  ADTTsLi 一方向一車線あたりの日大型車交通量
  n 頻度補正係数(0.03)




STジョイントは以下の特長を有しています。

  1. 伸縮量が20mmから120mmまで、8段階の品揃えで小径間から大径間の橋長に対応。
  2. 優れた防水性能と騒音吸収性のある弾性シーリング材を使用。
  3. シンプルな構造で床版と一体化し、優れた耐久性を実現。
  4. 工場組立てによる安定した品質。

    ST-40N(異形棒鋼スタッドタイプ)の例
     
    ST-60N(リブプレートタイプ)の例
クローザー(二重止水材
二重止水材を取付けることができます。(オプション)
伸縮装置本体の止水材が損傷した場合でも、クローザー(繊維補強ゴムシート)が二重の止水材となり漏水を防止します。
クローザー本体 設置状況



構造:

ジョイント本体、床版と一体化させるための異形棒鋼スタッドまたはリブプレート、フィンガー部の損傷を防ぐための補強プレートまたはボックスプレート、非排水型防水装置としてのシーリング材で構成されています。

構造図:ST−40N(異形棒鋼スタッドタイプ)の例
構造図:ST−40N(異形棒鋼スタッドタイプ)の例


構造図:ST−60N(リブプレートタイプ)の例
構造図:ST−60N(リブプレートタイプ)の例

種類:

型 式 フィンガー遊間D(mm) 適用最大
床版遊間
d(mm)
伸縮量(mm) 重量(kg/1.8m) 床版との定着方法
最大 最小
ST-20N 25 5 55 20 54.2(普通型) 異形棒鋼スタッド
ST-30N 40 10 95 30 62.8(普通型)
ST-40N 50 10 115 40 65.4(普通型)
ST-50N 60 10 135 50 72.4(普通型)
ST-60N 75 15 175 60 123.5(普通型) リブプレート
ST-80N 95 15 225 80 156.5(普通型)
ST-100 105 5 235 100 194.4(重量型)
ST-120 125 5 275 120 199.8(重量型)

除雪対応型については、別途ご相談ください。

施工手順: 

補修時の施工手順は以下のとおりです。

既設伸縮装置の撤去
床版遊間内に型枠設置
STアンカー設置
高さ調整、補強鉄筋の配筋・溶接
後打ちコンクリートの打設・養生
完成




伸縮装置本体の強度や伸縮時の止水耐久性能等について、室内試験により確認されています。






STジョイントでは、以下の材料を使用しています。

  • 鋼材(鋼板、形鋼:SS400、異形棒鋼スタッド:SD345、鉄筋:SD295A同等以上)
  • 弾性シーリング材(2液型ポリブタジエン系シーリング材:PDFショーボンドフィンガーシール
  • 後打ちコンクリート(補修時には、超速硬コンクリートを使用します。)
  • PDFST-20NPDFST-30NPDFST-40NPDFST-50NPDFST-60NPDFST-80Nの製品規格表

▲TOP